2009年07月29日

あだち充


「髪の色はキャラを見分け易くする為」という説があるが、一遍あだち充の漫画を読んでみろ。黒髪だらけでもちゃんと見分けがつくぞ。
「あだち充キャラは同じ顔ばかり!」という批判は幾度も耳にしたが、それは色を使うなどのズルをしなかっただけ。実力が無くてズルする奴ほどひとにケチをつけたがる。
自分は髪染めといて「日本人は個性がない。見分けがつかない」とか言ってる奴いるよな。

毎年夏になると「タッチ」が再放送されてるけど、何度観ても飽きないよな~、、、  


Posted by 兵器爺 at 05:29Comments(10)

2009年07月22日

金田伊功氏


http://www.anido.com/index-j.html

マヂ?
またもや昭和が過ぎ去って行く~、、、
それにしても57歳ってのが意外。もっと年輩なのかと。
随分と若い頃から活躍されていたのですね。
ご冥福をお祈りします。  


Posted by 兵器爺 at 18:55Comments(5)

2009年07月20日

補色


当然ながら、キャラデザする上で大事なのはやはり美しさ。特に金髪に青い瞳が美しく見える。何故かと言うと、それは「補色」の関係にあるからだ。
補色とは互いの色を引き立て合う間柄の事で、色相環を見れば黄色と青が補色の関係にある事がよく解る。

残念ながら、日本人は黒い髪に黒い瞳という地味な組み合わせの上、更に肌が黄色いときてる。青と黄色の組み合わせは「クール」な印象を与えるが、黒と黄色の組み合わせは「危険」や「不安定」といった印象を与えてしまう。
だからどんなに日本人キャラに活躍させても、どうしても白人キャラの方が強く印象に残ってしまうのだ。

でもまぁ、三次元となると微妙かもしんない。
  


Posted by 兵器爺 at 05:26Comments(141)

2009年07月16日

昭和美少年手帳


河出書房新社から出されているこの本が面白い。昭和の前半、小説の挿絵を扱ったものだ。
ハルヒ等現代の「ライトノベル」同様、昔も挿絵が作品の売上を左右した様で人目を惹く美しい人物画が目白押しだ。ただしこの本は男ばかりで今の様な萌えキャラはいない。
漫画が普及する以前はこういった絵が自然で、現代のアニメキャラと比較して何を感じるだろうか?
時代による絵の移り変わり一覧表や女性である著者からの視点による解説も興味深い。ただ、デビルマンの原作者を美少年と呼ぶあたりは留保だな。  


Posted by 兵器爺 at 13:01Comments(1)

2009年07月16日

エヴァンゲリオン文化圏


もうすぐ「あの日」が来る!20年目の「あの日」が!
オタク達にとって忘れられない「終わりの始まり」を知らせるラッパが鳴り響いた「あの日」がやって来る。
「ヨリシロ」が失われた今となっては語り継ぐ事は難しい。
術者は誰だったのか?祖父は何者だったのか?「手首」は何処へ行ったのか?  


Posted by 兵器爺 at 09:54Comments(0)

2009年07月15日

ルネッサ~ンス

全国に店舗を展開するTSUTAYAのウェブサイトTSUTAYA onlineが男女別に実施した
アンケートによると「好きな顔」1位に安室奈美恵が輝いた。
2位には男性が北川景子、女性が宮崎あおいを選んだ。

安室は体に対して顔が小さく、身長160センチ前後ながらかなり均整のとれたスタイル。
今は亡き母親がイタリア人とのハーフといわれており、
日本人離れした容姿の秘密がうかがえる。


この記事書いてるの日本人だよな?
日本人の親を持ち、日本の学校に通い、日本人の友人と共に青春を過ごして、、、何んで平気なの?  


Posted by 兵器爺 at 01:40Comments(18)

2009年07月14日

【寄り道】お台場ガンダム


行ってきました。いや~本当、生きてて良かった。
とにかくその大きさに圧倒されっぱなし。携帯手にした外人さんも「スゴイ!スゴーイ!」を連発。


足下まで行って直に触る事もできます。表面の材質はバスタブみたいな擦るとキュッキュッ言う奴ですが。


何故、午後に背後から陽の光りを浴びる東向きに建てられたのが謎でしたが、夕方にその理由が判明!


どうやら製作者達は夕日に染まるガンダムの後ろ姿を見たかった様ですね。納得。


闇夜に浮かび上がるガンダムにただ溜め息をつくばかり。

ところで、東京の緑とガンダムと何んの関係があるんだろうか?  


Posted by 兵器爺 at 07:30Comments(2)

2009年07月11日

【寄り道】メディアセンター

いま更ながらこの話題。
暫く前、あるお役所がアニメ業界の労働環境を調査した事がある。もちろん不利な立場にあると噂される労働者を救済する為だ。
その結果、驚くほどの低賃金、皆無に近い保証、スポンサーから製作会社迄の間での中間搾取等の実態が役人達に知れ渡る事となった。
「これは使える!」
奴らは気付いてしまった。オタク業界が烏合の衆であり、私腹を肥やすのに利用出来る事に。
その結果生まれたのがこの「メディアセンター構想」なのである。
まだ何をやるのかも決まっていないのに117億もの予算を要求し、批判されると今頃になってアイデアの公募を行う。
http://www.bunka.go.jp/oshirase_other/2009/mediageijutsu_090514.html
金もアイデアも他人任せで政治家も役人も献金と天下りしか頭に無い。
若手の支援を掲げているが、この117億は結局税金として彼等に降り懸かり生計を圧迫する。全くの本末転倒だ。
本気で支援する気があるなら杉並区と練馬区の職員食堂の食券でも配ればいい。しかしそんな事をやる気配も無い。当然だ、自分達に何んの得にもならないから。
松本零士や里中まち子ら老害を動員してキャンペーンを張っているが彼等は既に成功を収めた人達で、真に支援を求めているのは他に居る筈だ。
さらに運営を民間に依託する案まで出ていて、これではもう箱もの作ってハイさよなら!そのもの。結局、旗をふっている奴らは何もやりたくないのだ。只ビルを建てる事にしか興味がないらしい。
有り得ない事だが、真に国民の支持を得たいのなら「全予算を海外の業者に投入」「運営は行政が責任を持つ」この二点をハッキリと表明すべきだろう。




、という夢をみた、、、  


Posted by 兵器爺 at 11:35Comments(5)

2009年07月09日

青い花


夏の新作「青い花」がイイ感じ!面白いかどうかわからないが、とにかくイイ感じ。
少女マンガ(?)独特のふわふわした真綿の様な雰囲気が夜中に視るのにピッタリ。グラス傾けながら視てたら時の経つのも忘れてしまう。
何よりも登場人物が日本人に見えるのが素晴らしい。そこが気に入った。
目がどうの鼻がどうのでは無く、一つ一つが繋がって全体の雰囲気を作り出している。奇をてらわない質素な服や一人一人微妙に肌の色を変えてあるのも見逃せない。
「桜の木の満開の下で」にクシやカンザシやベニが互いに融合し合って一つの美となる下りがあるが正にこの事か。
漫画は写実でも無い。また、簡略でも無い。要約なのだ。
作者の心に写った表したい物をハッキリとさせる為、必要な物は残し、不必要な物は捨て去る。簡単な様でなかなか出来ない事を可能にしているのはやはり女性が女性を描いているからだろう。
何しろ男が女を、女が男を描くと変なバイアスがかかってとんでもない事になる。
そしてこのバイアスこそが日本人らしく見えないキャラを生み出す原因なのだろう。  


Posted by 兵器爺 at 20:22Comments(23)

2009年07月08日

髪の色

新作アニメの髪の色をチェックしてみましょう。

「うみものがたり」のマリン。当然の様に金。


こちらも金


CANNAN。プラチナ


こちらは茶


かなめも。茶?金?


メインキャラは茶


ヒロインは茶


大正時代も茶?


川の光まで茶!


ようやく黒髪です。
海外からはどお思われてんでしょうね?  


Posted by 兵器爺 at 20:52Comments(15)

2009年07月07日

【寄り道】エヴァ12%


チョッチ話題を変えて。
伊吹マヤ「シンクロ率12%!ダメです!」
では無くて、先日地上波で放送された劇場版・序の視聴率のお話し。
エヴァに先立って放送された「千と千尋」が高視聴率だったので「エヴァ」は20%前後と予想していた。恐らくは局もスポンサーも同様だっただろう。
しかし蓋を開けてみれば意外な結末、、、
内容がTV版のリメイクばかりでチャンネルを変えられたのか?
日本人はもうエヴァに興味が無いのか?

いや待て!冷静になって考えてみよう。そもそも千尋とエヴァではターゲットが違い過ぎる。
千尋なら家族揃って居間のテレビで視聴した家庭も多かっただろう。
しかしエヴァを家族と観る奴なんているだろうか?殆ど家族に内緒で自室のテレビかパソコン、又は携帯電話で視聴した筈だ。
そして視聴率調査機は居間のテレビにつながれているのだから、普段の調査とは勝手が違う筈だ。無修正のポルノを放送する事を考えてみて欲しい。家族揃って居間で観る訳が無い。今や、テレビが無くてもテレビ放送を視聴できる時代なのだ。
今回の件は今後の視聴率調査の在り方に一石を投じる事になるだろう。  


Posted by 兵器爺 at 01:19Comments(3)

2009年07月05日

Go!GIジョー!Go!Go!Yeah!

普通、自分の物が何かおかしいのではないか?と感じたら他人の物と見比べてみるものです。
日本アニメの日本人キャラがおかしいと感じたら海外アニメの日本人キャラと比べてみるのが道理なのですが、「メーテル」や「お蝶夫人」が日本人に見えると言い張る輩にはそんな常識は通用しません。
そんな訳でアニメ以外の物証も扱います。

今回は「セクシーメイド」で触れた「GIジョー」の顔を見てみましょう。





日本兵、、、顔が全然違う
ちなみに、女性のフィギュアも存在します。












  


Posted by 兵器爺 at 14:50Comments(40)

2009年07月05日

メイドフィギュアの続き

前回のメイドフィギュアの詳細が判明しました。
アメリカのフィギュアメーカー「クレイジー・オーナーズ(www.crazyowners.com)」の「セクシー・メイド」です。
「あみあみ(www.amiami.com)」によるとやはり日本のメイドがモデルとなっています。
同じメーカーの「女忍者」が美形の白人なのとよく見比べて下さい。
ただ、何故か顔が修正された画像もサイトに置かれていたので貼っておきます。日本向けだけ修正バージョンで、海外では馬面バージョンだとしたら悲し過ぎますね。




いくらかマシになったが何んか顔が恐い。GIジョーの日本兵思い出す。  


Posted by 兵器爺 at 00:55Comments(16)

2009年07月03日

メイド



詳細不明だがアメリカ製メイドフィギュアらしい。
黒髪に黒い瞳。日本のゴスロリ少女がモデルと考えられる。
悲しいかな、向こうの人の目には現実の日本人の姿はこんな風に写っているらしい。
「最凶」と言われたGIジョーの日本兵フィギュアの顔も凄かったけど、これもなぁ、、、  


Posted by 兵器爺 at 20:13Comments(16)

2009年07月01日

体型

まぁ、アレだ。
顔の部品だけ取り上げてても埒があかないんで。

バスト占い
http://jp.youtube.com/watch?v=Bf1wnDCdbLA
  


Posted by 兵器爺 at 23:23Comments(5)