2014年02月09日

「ホビット 竜に奪われた王国」試写会感想



早いもんでもう一週間経っちゃった。

意外にも、今回は冒頭から笑いが漏れ聞こえるような内容です。
一作目の「ロード オブ ザ リングス」とのつながりを重視したシリアス寄り路線が不評だったのか、所々でコミカルなシーンが出てきます。
元々「ホビット」は明るく楽しい児童文学でしたからこの方がいいですよね?
ただ音楽がそれらのシーンと噛み合わずに浮いてしまっているのは困り者ですが。

それにしても長々としたスマウグの語りはどうにかならなかったのでしょうか?
2部作の予定が3部作になったのでその穴埋めですか?
それなら町のシーンを充実させた方が良かったと思うんですが。
後で大きく関わってくる筈なのにアッサリし過ぎ。

映像的にはスマウグの吐き出す焔が印象に残りました。是非劇場で、3Dでお楽しみください。










 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。